Vista Ultimate (32bit)でERAM改

年明けにメモリを4GBにしてから、1GB程度のRamdiskを作成して利用中。
これまではGavotte Ramdiskだったけど、ふと思い立ってERAM改造版にしてみた。
Vistaへのインストール情報が意外と少なく、以下のようにしてなんとか動作。
まずGavotte Ramdiskアンインストール。

  1. Gavotteのramdisk.exe実行
  2. 「Remove Ramdisk」ボタンを押す
  3. 再起動
  4. レジストリエディタで以下のキーを削除
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\RRamdisk]

システムフォルダにインストール格納されたドライバ類を手で削除しようかとも思ったけど、とりあえず保留。
次にERAM改インストール。

  1. 「えらー15の小屋」 から 「ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ」取得。
  2. 2chの「ERAM隔離スレ」からパッチ(fuck0665)取得
  3. Ver2.20ドライバを展開して、fuck0665パッチを当てる。
  4. Ver2.20の「2000」フォルダの「eram2000.inf」をfuck0665のreadme.txtの内容の通りに修正し、「eramnt.sys」「eramnt.cpl」を「2000」フォルダにコピー。
  5. さらに、「eram2000.inf」を以下のように修正。(これはXPでは不要だった)
  • 修正前(55行目付近)
  • [SourceDisksNames]
    1 = %DisketteLabel%,%TagFile%,,%SubDirectory%

  • 修正後 (%TagFile%以降をコメントアウト)
  • [SourceDisksNames]
    1 = %DisketteLabel%,;%TagFile,,%SubDirectory%

あとはXP同様コントロールパネルから「ハードウェアの追加」でインストール可能。
現在は以下の設定で運用中。

  • ディスクサイズ1500000KB (実際に確保できたのは996MB)
  • OS管理外領域
  • メモリ上限を検出
  • OSに通知オフ
  • 領域の再検出、厳密に検査(初回のみオン)
  • 実デバイス扱いオン
    (本当はオフにしたかったが「RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1」が失敗するので仕方なく)
  • TEMPディレクトリ作成

まとめ

  • MAXMEMの変更不要。
  • PAMの変更不要。
  • 「RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1」は失敗するけど実デバイスONで動作。

「Vista Ultimate (32bit)でERAM改」への2件のフィードバック

  1. 私はGitHubの上ERAMのソースコードが利用可能になっています。あなたはhttps://github.com/Zero3K/ERAM に行くことによってそれを得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。