Home

くじら座工房

サイト移行します

近々WordPress.comに切り替える予定です。このサイトは削除します。

新しいURLは http://kujiraza.wordpress.com/

kujiraza.comでも行けるようにするかもしれないけど。

 

オンライン-イベントデータを取得できません

WindowsServer 2012R2 を Windows8.1のサーバマネージャから管理するときの話。

サーバマネージャーでサーバの管理状態がタイトルのようになっていたら、
サーバマネージャのタスクの詳細を確認する。
何のイベントが列挙できないかわかったら、サーバ側のイベントビューアから、
対応するイベントログを消去する。

自分とこの場合はシステムとFileServer.events.xmlが列挙できないとなっていたので
イベントビューアの以下2つを消したら管理状態が「オンライン」のみになった。

  • Windowsログ/システム
  • アプリケーションとサービスログ/Microsoft/Windows/FileServices-ServerManager-EventProvider/Operational

ここのおかげであっさり解決。

LED電球がちらつく

うちの洗面所は、スイッチ一つで20w直管蛍光灯+40wミニレフ球×2が点灯する結構な大食漢。
洗面所ごときに100wも消費するのは精神衛生上よろしくない。
そこでミニレフ球交換すべくLED電球を購入したのが4月の話。

Continue reading

Windows7のAnytime Upgradeのアップデートキーって

専用のものをオンラインで購入しないとだめなのかと思ってたけど、ふつうのキーを入力してもOKのようだ。

Home Premium インストール済みのPCに、ProfessionalやUltimateインストール用のキーを入れてAnytime Upgradeできた。
ちなみにキーはTechNetサブスクリプションで入手したもの。

MediaWikiのLiquidThreads拡張を入れたらエラー

liquidthreadsで発生したエラー画面MediaWikiにハマり中。

ディスカッション系の拡張を探していたところ、LiquidThreads がよさそうなのでさっそく入れてみた。しかしメインページにて、

MediaWiki internal error.

Exception caught inside exception handler

と表示されるようになってしまった。仕方がないので原因調査開始。

Continue reading

VMPlayer上のUbuntuを10.4にアップグレードしたらログインできなくなった

というか、パスワードが入力できない。

結構あちこちで話題になっている模様。
解決策もばっちり載ってた。
Ubuntu 10.4 on VMware – ひるね

たぶん日本語キーボード利用者向けに書いてるんだと思うけど、
うちの104英語キーボードでも同じやり方で問題解決。

REGZA Z9000がMediaTombを認識してくれない

調べてみると、Regzaでまともに使える Linux DLNAサーバがないとの情報が。
TS109II標準添付のTwonkyMediaは特に問題なく認識していたので、まさかそんな落とし穴があるとは思わなかった。

Continue reading

Debian化後のTS-109IIで電源ボタンによるシャットダウンが効かない

少し前、ここを参考に家サーバのTS-109II をDebian化。
とくに問題なく完了したのだけれど、電源ボタンでシャットダウンができないことだけがずっと気になっていた。

Continue reading

いまさらながら

MAJOR75巻読んだ。
あまりの急展開に、声出して驚くこと数知れず。

cactiでHDDの温度を取得しようとしてハマる

家サーバの環境が若干変わったので、HDD温度計測のために動かしていたcactiの「Data Input Methods」 にて「Input String」を変更した。

  • 変更前

    /usr/sbin/smartctl -a -d marvell <device> | /bin/grep -w “Temperature_Celsius” | /usr/bin/awk ‘{print $10}’

  • 変更後

    /usr/sbin/smartctl -a <device> | /bin/grep -w “Temperature_Celsius” | /usr/bin/awk ‘{print $10}’

セーブして一見変更が反映されたかにみえたが、実はそうではなかった。

Continue reading

Home

最近の投稿
最近のコメント

Return to page top